イオン導入とは

MENU

イオン導入とは

イオン導入とは美容外科や美容皮膚科で行われる美容成分を肌に浸透させる方法です。

 

専用のイオン導入器を用いて肌とヘッドのあいだに微小な電流を流すようにします。
イオン導入にはビタミンC誘導体、プラセンタ、トラネキサム酸、グリシルグリシンなどが用いられます。

 

基本的に水に溶ける水溶性の美肌成分が使われます。油性の成分は水に溶けずイオン化しないのでそのまま肌に塗るとかするといいです。

 

また、コラーゲンやヒアルロン酸のような巨大分子は皮膚の奥には浸透しません。

 

ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすくしたビタミンCでイオン導入では最もよく使われる成分です。

 

ビタミンCが肌に浸透するとコラーゲンが作られて肌のハリが出来てしわが目立たなくなったり、新陳代謝が促進されてシミが目立たなくなったりします。
また抗酸化作用があり過酸化物質を中和するので老化防止にもなります。

 

トラネキサム酸は殺菌効果があるのでニキビが気になる人に言いそうです。

 

また毛穴の開きにはグリシルグリシンがいいそうです。

 

美白にはプラセンタです。

 

美容外科ではイオン導入の価格も数千円から1万5千円程度かかります。
また1回だけでなく何回も通わないといけませんから費用もかかりますよね。

 

家庭用のイオン導入器もあります。手頃な価格ですのでわざわざ美容外科やエステに行かなくても自分でイオン導入をすることができます。

 

イオン導入のできる美顔器は普通イオン導出もできるのでイオン導出で肌の汚れを取ってからイオン導入を行うといいですよ。

 

超音波美顔器でイオン導入

イオン導入体験記はこちらから美顔器